売却手順

売却手順売却手順

 

HOME   売却手順

思い立った時が売り時。

家を売って老後の資金にしたい!

子供の教育資金の足しにしたいので、すぐでも土地を売りたい!

STEP1|査定の依頼(査定シートの記入)

  • (例)親から相続した土地、空き家の活用方法が何かないか?
  • (例)今住んでいる家の価値を調べて、いずれ住み替えたい
  • (例)離婚して今の住居を出る為、今の家を売却したい
  • (例)転勤が決まって、今の住居を出なければならない
  • (例)住宅ローンの支払いが高くて支払えなくなってしまった

上記の内容に当てはまる方、又は、これから不動産を売却したい、 資産を有効活用したい。とお考えの方は、まずは、こちらのシート からご記入ください。

≫お問い合わせする

STEP2|弊社による独自の物件調査

登記簿謄本や公図、道路台帳から建築の概要書がないかまで調べます。
更に、水道の関係(下水の配置箇所・ガス管に至るまで)ありとあらゆる箇所を事前に調べます。

また、現地に赴き境界の確認、土地であれば実測と謄本上での差異がないかを確認します。
もし建物であれば劣化状況、不具合の箇所はないか確認致します。

お客様には、新築時の契約書や図面がない方が大変多くいらっしゃいます。
それらを見なくとも、当社による細かい調査を行うことで、物件を把握します。

STEP3|査定価格の決定

査定価格を決める上で重要な3大ポイントは以下のとおり

    • 1、路線価
    • 2、現在売買事例
    • 3、過去成約事例

路線価格、いわゆる路線価は物件の指標になるもので大変重要なものです。
まずは、面積に乗じて価格を決めます。

更に、マンションであれば同一物件で過去現在に取引がないか、また戸建であれば、類似物件の取引事例がないか。それらを参考にして値付けをします。

STEP4|販売開始

集客活動の重要なポイント

  1. 1、インターネットを駆使した募集
  2. 2、地域不動産情報誌の掲載
  3. 3、現地看板
  4. 4、来店客の紹介

当社では、自社ホームページ、SUUMO、アットホームなどのポータルサイトを駆使した販売戦略と現地や周辺のニーズがあるお客様にご紹介をさせて頂きます。

不動産情報誌は月に1回掲載しております。

STEP5|価格交渉

買手が見つかりましたら、まずは自己資金やご年収から購入可能かを判断します。
次に、お申し込みを書面でいただきます。
お客様には、自己資金がない方や、値引きして欲しい、引き渡しをずらしてほしいなど、様々なお声がありますので、それらをまとめてご契約を頂きます。

ご契約時には、手付金を預かり売主にお渡しします。
物件のお引渡しまでに、ローン審査を終え、融資を実行し、売主に残代金をお支払い致します。
売主・買主であるお客様が安全・安心に取引を頂けるように努めます。

NEWS

NEWS

NEWS